法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌

2007年08月08日

番外編 思わぬリーガル・リスク発生か 朝青龍に対する日本相撲協会の対応

朝青龍に対する日本相撲協会の処分、そして、その後の朝青龍の症状

http://d.hatena.ne.jp/keiichirohirano/20070802 などでも話題になっているので、

相撲に興味のない輩も、この話題を耳にしてしまう

報道を見る限り、朝青龍の症状はシャレにならないほど深刻と見受けられる。

そして最新の診断によると、急性ストレス障害であるらしい。

ところが、急性ストレス障害と

富山地裁平13・4・19判決などのように傷害罪が成立しうる

PTSD(外傷後ストレス傷害)

 との違いは
「1外傷的な出来事から4週間以内に診断される。
2解離性症状に重点が置かれる」

 という二点だけ


今後の対応次第では、朝青龍の病状がPTSD(もしくは大うつ病などの気分障害)に悪化してしまうかもしれません。

 ところが、

「謹慎意味ない、汗かけば治る…理事から疑問の声も」という見出しのニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000100-sph-spo)
 にあるように、協会側は朝青龍の病状悪化の危険性を極めて軽くしか考えていないフシがあります。

 もし、協会側が朝青龍の病状悪化を積極的に阻止する対応(選択肢としてはモンゴル帰国も含まれるでしょう)を取らなかったために、朝青龍がPTSD(もしくは大うつ病などの気分障害)になったり、自ら命を絶つような事態になったら、一体どうなるのか。



よくよく調べてみると、日本相撲協会は財団法人であるらしい。
そして日本相撲協会は民法に定める寄附行為があるらしい
その寄附行為によると
「財団法人日本相撲協会寄附行為
(力 士)
第35条 この法人には、力士をおく。
2  横綱および大関以下の力士の階級に関する規定は、理事会の議決により、別に定める。
 (中略)
8  力士は、有給とする。」

 とある。

 つまり、力士である朝青龍(X)と財団法人日本相撲協会(Y)との間には(雇用契約か準委任契約かはともかく)契約関係がある、らしい。

 もし契約関係があるならば、財団法人日本相撲協会(Y)は

 自衛隊員の事故に関する判例でおなじみの

安全配慮義務

 を朝青龍(X)に対して負っているのでしょう。

 にもかかわらず、財団法人日本相撲協会(Y)は

朝青龍(X)の病状悪化を積極的に阻止する対応、すなわち、朝青龍(X)の生命・身体に対して必要な保護をしなかったために、

朝青龍(X)がPTSD(もしくは大うつ病などの気分障害)になったり、自ら命を絶ったら、すなわち、朝青龍(X)の生命・身体に損害が生じたならば

財団法人日本相撲協会(Y)は安全配慮義務に違反したために朝青龍(X)に損害が生じたとして、

朝青龍(X)は財団法人日本相撲協会(Y)に対して安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求権を有する

という結論に至るでしょう(もちろん不法行為に基づく請求も考えられます)。


 ということは、

今の財団法人日本相撲協会(Y)は、朝青龍本人(X)(またはその遺族)から損害賠償請求権を受ける、というリーガル・リスクを抱えているでしょう。

 しかもその請求額は、財政規模のあまり大きくない上に赤字経営の財団法人日本相撲協会(http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0025/index.html 参照)にとっては決して小さな金額とはならないでしょう。

前近代的な財団法人日本相撲協会は、このリーガルリスクをいかに扱うのでしょうか。
(「汗かけば治る」と理事が言うからには、扱いきれないでしょうね)

そして、財団法人日本相撲協会(Y)と朝青龍本人(X)(またはその遺族)を当事者とする判例をジュリスト(7%off) 法律時報や判例タイムズ、Lexis判例速報でみることができるのでしょうか。

もしかして、この事案のせいで、財団法人日本相撲協会が民事再生手続開始決定や破産手続開始決定を受けてしまうのでしょうか。管財人はどの先生が就任されるのかな。

 今後の展開がとても、とても、楽しみです。


急性ストレス障害とPTSD(外傷後ストレス傷害)との違いは

急性ストレス障害は

「1外傷的な出来事から4週間以内に診断される。
2解離性症状に重点が置かれる

急性ストレス障害の診断には3つ(もしくをそれ以上)解離性症状が含まれます。心的外傷後ストレスの診断には解離性症状は含まれません。

注 解離性症状
(1)麻痺、孤立、または感情反応がない主観的感覚
(2)その人の周囲に対する注意力(気付き)の減少
(3)現実感消失
(4)離人症
(5)解離性健忘
http://2.csx.jp/~counselor/AcuteStressDisorder より」

posted by 一法科大学院卒業生 at 14:19 | TrackBack(1) | 司法制度・法制度への誤解について
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

この記事へのトラックバック

古き悪しき考え − 相撲協会
Excerpt: 謹慎意味ない、汗かけば治る…理事から疑問の声も http://headlines
Weblog: 紺碧の世界に夜露死苦
Tracked: 2007-08-08 17:17

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌 法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。