法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌

2007年08月02日

司法修習生採用選考 2 平成19年度11月期採用司法修習生の実務修習地

平成19年度11月期採用司法修習生の実務修習地は,次のとおり予定している。

1群(都会)

 東京,横浜,さいたま,大阪,京都,神戸,名古屋,福岡,仙台
 最大二箇所までしか選べない

2群(ギリギリ都市?)

 宇都宮,前橋,静岡,長野,奈良,和歌山,津,金沢,広島,那覇,
札幌,高松

3群(辺境の地)

 新潟,福井,山口,鳥取,松江,佐賀,長崎,熊本,鹿児島,宮崎,
山形,盛岡,秋田,青森,旭川,釧路,徳島,高知
  最低二箇所は選らばなければならない(第六希望まで希望する場合)


@ 実務修習地について特に希望の地がある者は,第1希望地から第6希望地までの6箇所を記入する。ただし,以下のア,イに留意すること。
第5希望地及び第6希望地

については,前記の実務修習地のうち,

3群(辺境の地)

の実務修習地の中から選択するものとする

(3群の実務修習地を第1希望地から第4希望地までに記入することは差し支えない。)←そんなヒトいるの?


イ1群(都会)と2群(ギリギリ都市?)の実務修習地を選択する場合については,第1希望地から第4希望地までに記入すること。なお,1群(都会)から選択できる実務修習地は,2か所を限度とする。

B 本人の病気,親族の介護等,実務修習地の希望について事情がある者は,その理由となる「理由コード」番号を記入し,その具体的事情を記載する。なお,記載の具体性の程度によっては修習地を検討する際の参考としないことがある。


8 J欄には,配偶者(婚約者を含む。),子,親及び兄弟姉妹のほかF欄の具体的事情に記載した者を記入する。

実務修習予定地は,

10月19日(金)ころ

発送してお知らせする予定です。


この実務修習予定地は,その地における各自の住居の確保等の必要上から知らせるものであり,司法修習生として採用が内定したかどうかには関係がありませんので留意してください


東京,さいたま,大阪は、集合修習(平成20年7月下旬〜9月下旬)の後に選択型実務修習(平成20年9月下旬〜11月下旬)がある

東京,さいたま,大阪以外の修習地は選択型実務修習(平成20年7月下旬〜9月下旬)の後に集合修習(平成20年9月下旬〜11月下旬)がある

関連情報
登記されていないことの証明書
新司法修習の詳細
平成19年度11月期司法修習生採用選考要項、発表
プリンタのない方のためのサービスがある
(プリンタ

(サービス)は

司法修習申し込みの上で必要不可欠です)



C 希望地の記入がない場合は「一任」として,途中順位までの記入しかない場合には,「以下一任」として取り扱う。

 しかし、一任と書いてしまうと釧路で寒さに震える姿が目に浮かびそうで、怖い。

6@ H欄の該当がある場合には,必ず修習の期まで記入する。
A 法曹関係職員には調停委員,司法委員及び参与員は含まない。
B 婚約者があり,該当する場合には記入する。
7 I欄は,本人,配偶者,近親者及び友人・知人等を当事者とする訴訟,調停等の係属(係属見込みの場合を含む。)がある場合については,係属裁判所及び当事者名(続柄)を記入する。

 裁判所の公平を保つための措置として必要なのでしょう
posted by 一法科大学院卒業生 at 17:00 | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

この記事へのトラックバック

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌 法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。