法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌

2007年07月28日

聞いても無意味な質問

業務説明会では様々な質問が出ます。

しかし、聞かれた側が困る質問、というものが存在します。

それは

事務所の各業務分野の仕事量はそれぞれ、どの程度の割合なのでしょうか。

という質問


この質問に対する事務所側の答えは

よく分かりません

 例えばM&Aを扱うと、派生的にファイナンス・労働・知財・税務・独禁法・各種業法も扱うこともあります。
 ある案件が複数の分野にクロスオーバーすることが少なくないのです。
 また、時期によって比率は大きく変動するそうです。





タグ:質問
posted by 一法科大学院卒業生 at 10:00 | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

この記事へのトラックバック

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌 法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。