法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌

2007年06月22日

大宮法科大学院は閉校?

新司法試験の結果に関する
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h19kekka02-1.pdf
にある、法科大学院別の短答式試験合格者数を見返した。

 そしてあることに気付いた。

大宮法科大学院大学

出願者 62

受験者 43

短答式試験の合格に必要な成績を得た者 24


短答式試験の合格率 約55%

そもそも大宮法科大学院は
http://www.omiyalaw.ac.jp/outline/index.html
にあるように理想に走っている。

 理想に走ることは否定しない。

 しかし理想に走りすぎたかつての

京都帝国大学法学部(現・京都大学法学部)は

「国家試験合格者の減少、そして入学志願者の激減という現実の前に、明治40年、方向転換を余儀なくされることになった」(http://kyodai.jp/I-Enkaku.htm より)
 にあるように方向転換して今日に続いている。

 大宮法科大学院に限らず、理想に走りすぎて低い合格率に甘んじた法科大学院(ロースクール)は(小手先のカリキュラム改変にとどまらない)方向転換を迫られるだろう。

 もし方向転換をしない、もしくは方向転換に失敗すれば、閉校は免れないでしょう。

 ところが、少なくとも大宮法科大学院には現時点では、方向転換をする気配はないようです。

 このままでは、大宮法科大学院は閉校してもおかしくはないでしょう。



 
 大宮法科大学院閉校前に理想に走りすぎた人々の記録をぜひ! なお決して、大宮法科大学院やその顔である久保利英明弁護士には敵意を抱いていません。
 しかし、http://kyodai.jp/I-Enkaku.htm という大昔の先例は認識していただきたいものです。
posted by 一法科大学院卒業生 at 10:00 | TrackBack(0) | 新司法試験・法科大学院への誤解について
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

この記事へのトラックバック

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌 法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。