法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌

2007年06月12日

興味・関心のある法分野は何ですか


興味・関心のある法分野は何ですか

は、法律事務所充てのプロフィール等を書こうとするとよく目につく質問項目である。

 幸いにも私は法学部・法科大学院で、様々な法分野に接したため、いろいろな答えを返せる、比較的楽な質問ではある。

 しかし、新司法試験に関係しそうな科目しか受講していなかった者にとっては、なかなか手ごわい質問かもしれない。

 そもそも法科大学院を卒業した新司法試験受験生に対して、法律事務所は幅広く法律を学んでいることを期待しているのである(「四大事務所は法科大学院卒業生に希望を見ている」参照)。
 
 なのに興味のある法分野は新司法試験の必須科目と選択科目だけです、ではちょっと寂しいし、法律事務所の採用担当者から「視野が狭い」、「興味の幅が狭い」などとネガティブな目で見られる恐れもある。事務所の業務内容から外れた分野にしか興味がないと、そもそも採用の対象にならないかもしれない(これは私の推測でしかないが)。


 (法科大学院卒業生にとってはもう遅いかもしれないが)今、法科大学院や法学部で学んでいる方にはぜひとも、必須科目と選択科目とはやや関係のない科目にも目を向けてみると、ちょっと遠い将来のためにはなるかもしれない。



 
posted by 一法科大学院卒業生 at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

この記事へのトラックバック

主要法律雑誌

法学教室(25%off)
The Lawyers(ザ・ローヤーズ)
ジュリスト(7%off)
法学セミナー
会社法務A2Z
Lexis判例速報
Lexis企業法務
法律時報
インターナショナル・ローヤーズ
知財研フォーラム
法律のひろば
労働判例
その他の法律雑誌 法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。